リフォームの強い味方!補助金を利用してお得に外壁塗装!

251view

2018.07.31

リフォームをするなら補助金の確認を!

知っておきたい補助金のこと

家は年月の経過とともに、さまざまな部分が傷んできます。そこで、思い切ってリフォームを計画する人も多いと思います。そんな時に知っておきたいのが、補助金の存在です。住宅のリフォームには、少なくない金額が必要になってきます。もし、少しでも補助金が出るのであれば、助かるでしょう。

そこで、リフォームを計画し始めたら、まずは補助金を受けることができるのか?できないのか?を確認する必要があります。利用するための条件や金額などは、地域ごとによって違いがあります。まずは、自分が住んでいる自治体などに問い合わせて、詳細を確認するようにしましょう。

外壁塗装でも補助金が出る?

10年に1度塗り替えが必要だといわれている外壁塗装。実は、この外壁塗装も補助金の対象となっている場合があります。その場合、申請して許可が下りれば補助金を受け取ることができるのです。補助金を受け取るまでの流れは以下の通りです。まずは、補助金を利用したいと申請します。

申請後、受給できるかできないかの審査が行われます。審査に通ることができれば、受給資格を手に入れることになり、工事終了後に支給額を受け取ることになります。ここで大切になってくるのが、申請の時期です。工事終了後に申請しても、補助金を受け取ることはできません。

必ず、工事を始める前に申請しておかなければいけないのです。申請を後回しにした結果、せっかくの補助金を受けられないということにならないよう、まずは申請を忘れないようにしてください。

補助金は誰でも受けられる?

ポイントはエコ?

自治体が実施している補助金は、多くの場合、耐震リフォームや省エネリフォームに関するものとなっています。これらを見ると、外壁塗装は関係ないのかもしれないと思われるかもしれませんが、一般のリフォーム工事でも補助金が出る場合があるので、省エネリフォームじゃないから補助金が出ないと決めつけないで、しっかりと確認するようにしてください。

また、塗装に使う塗料によって補助金を受けることができる場合もあるので、その点も確認するようにしましょう。一部の自治体では、外壁を塗り替えるだけの工事には補助金が出ないのですが、遮熱塗料や断熱塗料を使用する場合に限り、補助金を出すとしているところもあるのです。

上記の二つの塗料は、室温を下げる効果があるといわれています。このため、これらの塗料を使った場合には、エコリフォームに分類されます。エコリフォームのため、補助金が出るという風になっているのでしょう。

このように、一般の人からすれば違いが分からないような部分で補助金を受けられるのか受けられないのかが決まってくる場合もあるので、分からないことがあれば、遠慮せずに自治体に問い合わせるようにしてください。また、検討しているリフォームで補助金を受けられるものがあるか分からない時は、相談することによって適切なアドバイスをもらえるはずです。

補助金を利用する時に注意しておきたいこととは?

補助金を利用したいと申請すると、審査が行われます。審査時に提出を求められる書類には、自治体によって違いがあるので、まずは必要な書類などを確認してください。リフォームを行う前の写真や見取り図に平面図、そして立体図といった図面の提出が求められる場合もあるので、準備にはある程度の時間がかかることも覚えておくようにしてください。

また、補助金は税金から出されているので、税金を滞納している方などは利用することができません。このことは、国が用意している補助金制度、全てに共通することです。補助金を利用してリフォームを検討しているのであれば、滞納している税金がないかしっかりと確認しておく必要があるのです。

さらに、補助金を受け取る場合には、業者を指定されている場合もあるので、リフォームを頼もうとしている業者が、指定業者なのかの確認もしておきましょう。多額の資金が必要なリフォーム。賢く補助金を利用することによって、負担を軽減しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る