実はもらえる!?窓の断熱リフォームでは補助金を受けとることも

51view

2018.07.31

窓の断熱リフォームで補助金を受け取ることができる

環境改善の動きから環境に良いリフォームには補助金ということに

窓の断熱工事は、省エネ効果が得られるリフォームのため、現在多くの人が断熱リフォームを依頼している状況です。これに加えて、省エネは環境面にプラス効果まで期待することができます。日本では省エネ及び環境問題の改善に力を入れていることもあって、このような環境面のリフォームを積極的に奨励している立場です。

その最たる例が補助金であり、昨今では窓の断熱リフォームを行うことによって補助金を受け取れる余地があります。断熱リフォームでは最大でリフォーム費用の3分の1程度の補助金を受け取ることができるため、お得にリフォームを行いたいならチェックしてみるといいかもしれません。

要件は意外と簡単に満たすことができる

断熱リフォームで補助金をもらうためには、省エネルギー対策、断熱等性能対策、一次エネルギー消費量等の基準の4級以上を満たしていることが条件になります。これだけ聞くと「断熱リフォームで補助金をもらうのは難しいのではないか」と不安に感じる人もいるかもしれませんが、実際にこれらの基準はそれほど難しいものではありませんので、大掛かりな工事を依頼する必要はありません。

例えば、ガラスを複層に替えるだけでも立派な断熱リフォームになりますので、条件を満たすことが簡単なことが分かります。意外なほどに補助金を受けるためのハードルは低いので、積極的に補助金を受け取るために動いていきたいところです。ただ、詳細に関しては自分が住んでいる地域によって細かく異なることについても留意しておかなければなりません。

補助金を受け取る条件は地方公共団体によって定められているケースが多いので、「知り合いの断熱リフォームと同じように窓を替えたけど、補助金を受け取ることができない」といった場合もあります。自分の住んでいる都道府県や市町村の断熱リフォームに関する情報をまずチェックして、どうすれば補助金が受け取れるのか、どれくらいの補助金が受け取れるのかということについてもしっかりと確認しておきましょう。

また、基準を満たしているかについては基本的に第三者の機関のチェックが必要になります。これに関してはリフォーム会社が詳しく知っている場合が多いので、補助金を受け取ることを視野に入れている場合は断熱リフォームに明るいリフォーム会社に依頼することが有力な選択肢です。

断熱リフォームで補助金を受け取ることができるのは窓以外にも

今回は窓の断熱リフォームで補助金を受け取れるということを説明してきましたが、実は窓以外の断熱リフォームであっても補助金を受け取ることができますので、その点もしっかりとチェックしてみるといいかもしれません。窓以外で断熱リフォームを行えるのは屋根、天井、外壁など非常に多いので、一つ一つをお得にリフォームしたいなら、補助金を受け取りたいところです。

ただ、これらの補助金は共通して「実際に工事を開始する前に申請をしておかなければ間に合わない可能性が高い」という点があります。当然のことですが、いくら補助金を受け取る条件を満たしていても申請が通っていない場合、後から補助金を申請して受け取ることはできませんので、リフォームを開始する前に補助金に関する相談は必ずリフォーム会社の方にしておきましょう。

大掛かりなリフォームとなると太陽光発電の導入などがありますが、これに関しても補助金を受け取ることができますので、省エネリフォームを考えている人は、常に補助金について考えておくといいかもしれません。補助金を度外視しても環境面に優しい家を造っていくことは今後の未来を見据えたとても有意義なことなので、「環境に関してよく考えて行動していきたい」と思っているなら、窓だけでなくいろいろな断熱リフォームに着手してみるといいです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る